• tg

ゼロから始めるアクアリウム生活⑥~さらに嬉しいご報告~



TGです。



前回、ちょっと嬉しいご報告をしました。

なんと、チェリーシュリンプが抱卵していたのです!


ということで、今回はその後の経過について報告していきます。

ちょっと短い記事ですが、お楽しみください。


新しい命の誕生!

では、早速本題に入ります。こちらの写真をご覧ください。

稚エビが誕生
稚エビが誕生しました!

ついに!稚エビが誕生しました!めちゃくちゃ小さくてかわいいです。

サイズとしては3-5mm程度でしょうか。底の砂粒が5mmくらいですので。


動画も撮影しましたので、ご覧ください。


…すみません。ということで今回は以上になります。

ネタ切れ感がありますが、まだまだやりたいことはあるので、頑張って更新していきます。


余談

ところで、稚エビの色は親から遺伝するんでしょうかね。

色の遺伝子に優劣があるのか、ちょっと調べてみました。

ただ、確かな情報は得られなかったので、個人的な考察になります。


まず、チェリーシュリンプはヌマエビが原種と言われており、そのヌマエビの色は黒に近い色をしています。

つまり、チェリーシュリンプも黒に近い色が優性だと思われます。


すると、カラフルな色は劣性な遺伝子と考えられるので、

小エビの色としては以下の3パターンが可能性として挙げられます。

  1. 黒色

  2. 劣勢な色同士のミックス

  3. 劣勢な色のうち優性な方の色


黒色が優性なので、世代を経るにつれて黒色に近づくのは何となく想像できますが、

2,3に関しては正直よくわからないです。詳しい人誰か教えてください。

ということで今回の記事は終わりです。

次回の更新をお楽しみに。


1回の閲覧0件のコメント