• tg

ゼロから始めるアクアリウム生活①~準備編~

更新日:1月11日




TGです。



クリスマスが近づき、人肌恋しくなってきた今日この頃。

浮かれたカップルを横目に、自宅へ直帰する毎日を送っています。


さて、そんなこんなで私は今一人暮らしをしていますが、

一人暮らしでもペットを飼いたい!という人はいるのではないでしょうか。


「飼い主のエゴとはわかっていても、かわいい動物に癒されたい!」

その気持ち、よくわかります。


「でも、一人暮らしだしだとお世話が大変そう…。」

その気持ちも、大変よくわかります。


そんなあなたに今回おススメしたいのが、“アクアリウム”です。

怪しい通販番組ではありません…。


今回、忙しい社会人の方でも簡単にトライできるよう、

すべての買い物をAmazonで済ませています。もちろん生体もです。


準備の段階から、一部始終を日記として記録していこうと思います。


目次
  1. 水槽を準備する(Amazon)

  2. 生体を注文する(Amazon)

  3. まとめ


水槽を準備する

アクアリウムを作るには、まずは当然、水槽を買わなくてはなりません。

とはいえ、あまり大きいのは水替えが面倒だし、置く場所が…。


ということで色々とAmazonを徘徊し、見つけたのがこちらの水槽↓


比較対象が映っていないので分かりにくいですが、

横幅と奥行きが約20センチ、高さが25センチなので、非常にコンパクト。

フィルターも付属しているので、最悪これだけでも始められます。

(商品のリンクは記事の最後に貼ってあります。)


水槽にはガラス製のものとアクリル樹脂製のものがありますが、

小型サイズの場合、ガラス製のほうが安い製品が多い印象です。



中身を広げました(どーん)

(右に映っている砂は別売りです。ご注意。)


水を入れてセットしました(どーん)

(もちろん水草とかオブジェは別売りです。)


上から照明を当ててみると、それっぽく(?)なりました。


ひとまず第一段階、水槽を完成させることができました。

ここまで注文から3日で完成しています。恐るべしAmazon先生。


生体を注文する

さて、次はお魚の購入です。

Amazonでも意外と生体を売っていることに驚きます。


悩みに悩み、注文した方々を以下に示します。(画像はAmazonより引用)

※ちなみに筆者は事前に近所のペットショップへ出向き、どんな魚がいいか確認してます。
















・(画像左)シュリンプ

 カラフルな小っさいエビです。かわいいです。

 水槽に着いた汚れとかも食べてくれる(?)らしいので、期待の子たちです。

 きっと水槽内を華やかに彩ってくれることでしょう。


・(画像右)ネオンテトラ、ミックスプラティ

 ネオンテトラは実際に見て一目ぼれしました。背中の青白い輝きが特徴です。

 ミックスプラティはごめんなさい。よくわからないけれどセットで安く売っていたので選びました。


まとめ

今回購入した商品のリンクは以下にまとめました。

(商品画像のリンクを貼りたかったけれどできませんでした。すみません。)


ちなみに、合計で8260円でした。安いですね。

今後ちょっとずつアップグレードしていけたらと思います。


それでは、準備編はここまでで終わりです。

次回はシュリンプたちがついに泳ぎだします(多分)。


ご期待ください。

11回の閲覧0件のコメント