• tg

【パソコン爆速化】SSDの何がスゴイ?


TGです。

以前、パソコン選びのポイントについて記事にしました。

もう店員に騙されない!パソコン選びのポイント3選


その際、ストレージはSSDを選べば間違いない!と書きましたが、

そもそもSSDって何?という方も多いと思います。


そこで今回は、そんなSSDについて、詳しく解説していきます。

目指せ、SSDマスター!


SSDとは何か?

SSDとは、ソリッド・ステート・ドライブ(Solid state drive)の略です。

といっても、何のこっちゃというお話ですよね。


本題に入る前に、少しだけデジタルデータの話をします。


デジタルとは、すべてのデータを0か1で処理することです。

コンピュータでデータを処理する時にはどんな文字も、数字も、音声も、絵や写真も、

0と1の数字で保存されています(イメージは難しいかもしれませんが)。

これを量子化と呼んだりもします。


本題に戻り、ではどのようにデータを保存しているのかというと、

SSDでは“電子”を使っています。


電子が箱に入っていない状態を“0”、入っている状態を“1”として判断します。

そんな箱がたくさん用意されているのがSSDということです。

SSDのイメージ
SSDのイメージ

ちなみに、この電子を入れる箱1つを“1ビット”と言います。

1ビットには0か1の2つの情報を入れることができます。

これが2ビット、3ビット…となると、入れられる情報は4個、8個…と倍々に増えます。


1バイトが8ビットですので、よくある128GB(ギガバイト)のSSDには、

128×8×1,000,000,000で、1,024,000,000,000個(約1兆個!)の箱があることになります。

(ギガは10の1,000,000,000倍)


とてつもない数の箱が用意されていて、そこにデータを保存することができるのです。

ちなみに、SDカードやUSBドライブも名前は違いますが、仕組みは同じです。


SSD vs HDD

次に、SSDとよく比較されるHDD(ハード・ディスク)についても見ていきましょう。

HDDもSSDと同様0か1でデータを保存しますが、電子ではなく“磁気”を用います。


小さな磁石がたくさん並んだイメージで、SS(あるいはNN)と並んだ場合に0、

SN(あるいはNS)と並んだ場合に1と判断します。

(※S極だから0、N極だから1というわけではありません!注意!)

HDDのイメージ
HDDのイメージ

SSDもHDDもストレージとしてはよく使われていますが、

実際どのような違いがあるか比較してみます。


HDDとSSDの性能比較
HDDとSSDの性能比較

どちらもメリット・デメリットがあることが分かります。

ただ、近年はSSDでも大容量の製品が登場していますし、価格も安くなっていることから、

基本的には“SSDが最強!”という認識で問題ないです。


おそらく、今後数年の間に、ほとんどのパソコンのストレージはSSDに換わっていくでしょう。


おまけ:昔使われていたストレージたち

最後に少し小話を。

今でこそパソコンに使われるストレージはSSDかHDDですが、

実は過去に“フロッピーディスク”というものも使われていました。


30代以降の世代は見たことがあると思いますが、

約9センチ角の正方形のケースの中に、磁気テープが入っていました。

仕組みとしてはHDDとほぼ同じです。


また、パソコンではありませんが、音楽や映像を保存するのに、

“カセットテープ”や“VHS”といったものも使用されていました。

こちらも磁気テープの記録するもので、もしかしたら見たことがあるかもしれません。


今は亡きHDDの仲間たち
HDDの仲間たち

最近は音楽や映像はCD、あるいはブルーレイディスクに保存されることがほとんどです。

今回はその仕組みについては触れませんが、いずれ解説したいと思います。


まとめ

今回はSSDについて解説しました。

SSDの凄さが少し実感できたのではないでしょうか。


今後パソコン売り場に行った際は是非確認してみてください。


それではまた。

6回の閲覧0件のコメント